HOME>注目記事>比較的短期間で無くした歯を補える治療方法

金属のバネが目立たないタイプも

分入れ歯

虫歯や歯周病で歯を失う人は少なくありませんが、一度抜けた永久歯は生えてくることはありませんので抜けた歯の変わりになる人工歯を作って補う必要があります。最近はインプラントを選ぶ人も増えてきましたが、手術には抵抗があるという人もありますし、費用の問題もあります。さらに骨の状態によっては埋め込みできない場合もあります。ブリッジの利用も難しいという場合は部分入れ歯で補う方法も考えてみましょう。保険適用の治療であれば、治療費も安く済ませることができますし、比較的早く歯を補うこともできます。とはいえ、保険診療では審美性についてはあまり重視されませんので、金属のバネが目立つ傾向にあります。自由診療の治療では、より審美性に優れており、バネが目立たないタイプも用意されています。

金属アレルギーがある場合

保険適用の部分入れ歯の場合は、入れ歯そのものは金属が使われていませんが、入れ歯を固定させるためのバネには金属が使われています。この金属のバネは意外と目立ちますし、金属アレルギーがある人にはこうした治療は難しくなってしまいます。そこで注目されているのが、バネを使わずに固定できるノンスクラブデンチャーと呼ばれる入れ歯です。金属が使われないのでアレルギーのある人にも安心できますし、見た目がより本物の歯に近くなるのもメリットです。保険診療の入れ歯よりも薄く軽いので装着感が良く、食べ物が義歯と歯肉の間に挟まることも少なくなっています。

手入れはきちんと行おう

部分入れ歯があると、食事も会話もしやすくなりますが、トラブルを起こさずに長期に快適に使うためには正しい手入れをすることも大事です。インプラントやブリッジの場合は取り外すことなく、本物の歯と同じように手入れをしていきますが、部分入れ歯の場合は毎日取り外して手入れを行うことになります。食事を終えるたびに毎回取り外して洗浄することがおすすめです。夜寝ている間は外す人が多く、その場合は専門の洗浄剤を使ってつけ置きしておくことが一般的です。入れ歯の種類によっても手入れ方法は入れ歯の種類によっても変わりますので、歯科医師のアドバイスに従い正しい方法で行いましょう。

広告募集中