クラスプという金属のばねが付いています

歯医者

30代ぐらいの年齢になると、虫歯や歯周病に罹りやすくなるので、定期的に歯科クリニックを受診することが大事です。虫歯や歯周病が進行すると、抜歯が必要になってしまいます。全部の歯を失った場合は総入れ歯を使いますが、歯が残っている場合は部分入れ歯の治療を行います。初めて部分入れ歯を作る人は、どれぐらいの費用が必要なのか知っておきたい人が増えています。基本的には保険適用が受けられるので、1万円から、1万5千円前後です。部分入れ歯にはクラスプという金属のばねが付いており、入れ歯が外れるのを防ぐ役割をしています。ブリッジは義歯を固定出来ますが、健康な歯を削る必要があります。保険適用外の治療では、金属のばねが付いていない部分入れ歯もあります。

残存している歯を守るためのお手入れ方法

地元で評判の高い歯科クリニックを選ぶと、高い技術を持った歯科技工士が在籍をしているので、口腔内の状態に合った部分入れ歯を製作してくれます。部分入れ歯の治療が終わったら、残存している歯を守る必要があります。部分入れ歯は残存している歯に、装着して使用する必要があります。ドラッグストアやホームセンターなどでは、入れ歯洗浄剤が販売されています。柔らかいブラシや研磨剤の入っていない、低刺激な歯磨き剤を使って、食べかすなどの汚れを取り除きます。部分入れ歯をきれいにしたら、入れ歯洗浄剤に付けておくと良いでしょう。部分入れ歯などの義歯を使用すると、口腔内に細菌が繁殖しやすくなります。丁寧な歯磨きを心掛けることで、虫歯や歯周病を予防出来ます。

費用を抑えた治療が受けられます

抜歯をしたまま放置をしておくと、歯が少しずつ動いてくるので、歯並びが悪くなったり、傾いてくる原因になります。歯科クリニックでは、ブリッジやインプラント、部分入れ歯などの治療を提案してくれます。インプラント治療は審美性に優れていますが、高額な費用が必要になるため、誰でも受けられるわけではありません。なるべく保険の範囲内で治療を受けたい人は、部分入れ歯がお勧めです。部分入れ歯はブリッジに比べると、使用している金属の量が少ないので、治療費を抑えることが出来ます。歯科クリニックでは、診察や検査に時間を掛けてくれるので、安全性の高い治療を心掛けています。歯科クリニックで治療を受けた後は、口腔内を清潔に保つ努力が必要です。定期的に歯科クリニックを受診して、歯石や歯垢の除去を受けたり、歯周ポケットの深さを測定してもらうことも大事です。糖尿病などの持病がある人は、歯周病に罹りやすいので、自宅でのお手入れが重要になってきます。

フェイスラインが整います部分入れ歯を検討する審美性に優れているので気付かれにくい

広告募集中